バスの特徴

夜行バス・長距離バスは、大きく分けて「電鉄系バス会社のバス」と「ツアー会社のバス」の2タイプがあります。

それぞれのタイプによってどういう特徴があるのかというと、

まず、電鉄系バス会社のバスは、夜行バスの場合、座席は基本的に一人がけで独立しており、3列シートとなっている車両がほとんどです。シートピッチ(前席と後席間の距離)も広く、リクライニングもかなりの角度まで倒れます。さらに、多くの電鉄系バスでは、座席配置についても「アカの他人の男女が隣同士にならないように」といった配慮がされています(カップルや家族間でなら、もちろん隣同士になりますよ)。また、車両の中にトイレもあり、安心です。しかし運賃については電鉄系バス会社同士の運賃を比較してみると、同じような路線ではだいたい各社ほぼ横並びになっており、全体的に見るとツアー会社の夜行バスよりは多少高くつく傾向にあるといえます。
また、電鉄系バス会社の夜行バスでも、一部の格安便および繁忙期の増便車両などは、通常の観光バスと似たタイプの2人がけ4列シートになることもあり、さらに増便車両の場合はトイレがない、ということもまれにあります。

これにたいして、ツアー会社のバスは、夜行バスでも2人がけ4列シートのほうが主流で、3列シートはどちらかといえばまだまだ少数派といえるでしょう。ただし4列シートといっても、観光バスよりもシートピッチを広くとったり、リクライニング角度を多くとったりしているところも多いので、かならずしも4列シート=観光バス並み、とは限りません。
また、4列シートで電鉄系バス会社よりもシート数を多くとれる分、運賃についてはかなりがんばっているところが多いです。しかしトイレのない車両も多く、そうなるとパーキングエリアに止まる回数も多くなります。したがって、トイレ完備のバスよりは、同じ距離でも到着までに時間がかかりがちです。また、繁忙期で渋滞が予想される時は、トイレなしは少し不安がありますから、多少高くついても、トイレつきを選ぶ、というのもひとつの考え方ですよ。

こうして見ると、
電鉄系バス会社のバスは、全体的に運賃よりも乗車の快適性を重視する傾向にあり、
ツアー会社のバスは、運賃の安さを最優先と考えるところが多い、といったところでしょうか。
「自分のニーズはどちらにより近いのか」を考えて選びましょう。

昼間に運行する長距離バスについては、電鉄系・ツアー会社いずれにおいてもトイレなしの車両が多数派で、座席も4列シートがほとんどです。シートピッチは観光バスなみのものから、ある程度広くとっているものまで幅がありますから、この点と運賃のバランスを見て比較検討するとよいでしょう。個人的には、乗車時間が4時間を超える場合は、シートピッチが広めのバスを選んだほうが、のちのち疲れも出ず、目的地で元気に動けるという点から、結果的にはおトクだと思います^^

関連エントリー

Copyright ©  夜行バスで長距離移動のススメ All Rights Reserved.